人身傷害保険とは

人身傷害保険をざっくりいうと?
人身傷害保険とは、契約車両(要は自分の車)を運転していたり、同乗している人が、自動車事故でケガをしたり、死亡してしまった場合に補償される保険をいう。

人身傷害では誰が補償される?

基本は、
・契約車両(要は自分の車)を運転している人
・契約車両(要は自分の車)に同乗している人
が補償の対象となる。

「契約車両の同乗者」は「搭乗者傷害」をつけないと補償されないと勘違いしている人が多いので、注意してほしい。
なお、車に乗っていないとき(歩行中や自転車に乗っているときなど)でも補償されるタイプもある。

人身傷害では何が補償される?

主に補償されるものは次のとおりである。

【ケガの場合】
・治療費
・治療中の休業損害
・精神的損害(慰謝料のようなもの)
・入院諸雑費
・通院交通費

【後遺障害の場合】
・後遺障害による逸失利益
・後遺障害に対する精神的損害

【死亡の場合】
・葬儀費
・死亡に対する精神的損害

これらの項目に対して、「実際に発生した損害額」=「実損」に対して支払われる保険である。
このため、所得が少ないや高齢の人は、逸失利益は多くないので「無制限」をつけても無駄になる可能性がある。
なお、契約の約款に定められた算出基準があるので、「実損」ならいくらでも支払われるものではない点は理解しておきたい。

<チェック!>【無料5分】一括見積りで保険料を5万円以上節約できた!



このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

価格.com 自動車保険