新型プリウスの自動車保険(任意保険)の保険料ランキング

トヨタのハイブリッドカー・新型プリウス(50系)が大人気で納車までかなりの日数を待つほど売れているようだ。
当サイトに「プリウス 保険料」「プリウス 保険料の相場」「プリウス 自動車保険」「プリウス 任意保険」というキーワードで多く訪問されている方がいるので、 新型プリウス(50系)の人気グレード「Sツーリングセレクション、S」の保険料をダイレクト型と代理店型の3社の自動車保険料(任意保険料)の相場を見積もって比較してみた。

新型プリウスの保険料の見積もり条件

■見積もり取得日:2016年2月15日

■プリウスの型式:ZVW50
(グレード:S、Sツーリングセレクション)

■プリウスの初度登録年月:
「2016年2月登録」として見積もり

■プリウスの保険料・見積もり条件:
・補償期間:2016年3月30日から1年間
・主に運転する方(記名被保険者):45歳(昭和45年1月1日生まれ)
・運転者年齢条件:「35歳以上補償」
・運転者限定特約:「本人と配偶者に限定」
・運転免許証の色:「ゴールド」
・使用目的:「日常・レジャー」
・年間走行距離:5,000km以下
・現在のノンフリート等級:12等級(事故あり係数0年)
・居住地:東京都

プリウスの自動車保険のおすすめ補償内容

補償内容は、私が個人的に友人・知人にすすめている一般的な補償内容で見積もってみた。

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害:3000万円(車内事故のみ補償するタイプ)
搭乗者傷害:なし
車両保険:つける(一般型の車両保険)
弁護士特約:つける
対物超過修理費費用特約:つける

車両保険の補償額は「300万円」、車両保険の免責金額はスタンダードな「5-10万円」とした。

プリウス×損保ジャパンの自動車保険料の相場


20等級:56,880円
12等級:78,110円
6S等級:129,070円(初めて任意保険に加入:純新規)

代理店型代表として損保ジャパン日本興亜の見積もりを取ってみた。
おそらく、多くの自動車ディーラーが取扱っている東京海上日動、三井住友海上、あいおいニッセイ同和の保険料の相場と大きく変わらないだろう。


プリウス×ソニー損保の任意保険料の相場


20等級:44,170円
12等級:64,560円
6E等級:111,680円(初めて任意保険に加入:純新規)

なお、ソニー損保は「35歳以上補償」がないため「30歳以上補償」で見積もっている。
インターネット割引・証券不発行割引・新車割引・ゴールド免許割引など適用後の保険料


「代理店型」よりは安いのだが、意外に安くないなという実感。
ソニー損保は「走る分だけ」といっているので、年間走行距離がもっと短ければこれよりもさらに安くなるとは思う。

プリウス×おとなの自動車保険の任意保険料の相場


20等級:29,260円
12等級:44,350円
6S等級:74,030円(初めて任意保険に加入:純新規)

おとなの自動車保険はロードサービスが有料のオプションなので、それをつけて見積もっている。
インターネット割引、ゴールド免許割引、電気・ハイブリッド車割引、新車割引、証券不発行割引など適用後の保険料


45歳という年齢が「おとなの自動車保険」のメインターゲットにぴったりだったのだろう。
想像以上に安いので驚いた。
ただ、20代や30代はこれよりは保険料は高くなるだろう。


新型プリウスのおすすめ一括見積もりサイト

代理店型の代表である「損保ジャパン日本興亜」、そしてダイレクト自動車保険最大手の「ソニー損保」、そして高齢者に強い「おとなの自動車保険」と見積もってみたが、年齢や等級、居住地域によって保険料は異なってくる。
あくまでも上記の保険料は一例で、実際には一人ひとりの条件によって保険料は異なってくる。

漫然と自動車ディーラーに勧められる高い保険に入るのではなく、まずは5分で簡単に見積もりを取って、安くなった保険料の差額でディーラーオプションを増やしたり、新車が納車されてから温泉旅行にでも行ったほうが賢い。
以下に、プリウスの保険料が見積もりできる大手の信頼できるサイトを紹介しておく。

インズウェブ自動車保険一括見積もり 新型プリウス(50系)の見積もりにいち早く対応している。
ダイレクト自動車保険会社すべてと提携しているうえ、提携保険会社数も21社と最多。見積画面はシンプルでサイトは軽くサクサクすすむので初心者でも簡単だろう。
大手資本だけに安心できる。


このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

価格.com 自動車保険